雰囲気の異なる風俗嬢

嫁の公認で風俗嬢とエッチできた

元々エッチの回数が少なかったけど、嫁が妊娠したら全くエッチがなくなった。俺は嫁に何度もエッチがしたいと話しているのだが、なぜかいつも拒まれていた。何度もしつこくお願いしていると、風俗嬢とでもエッチしてろと言われたので、俺はデリヘルに電話をかけて好みのタイプの風俗嬢を指名した。今回は、ホテルの近くにあるコンビニで待ち合わせをして一緒に部屋に入ることになった。俺がコンビニで待っているとかなり華やかで、誰が見ても風俗嬢とわかるような女性が来た。パッと見た感じですごく可愛いのはわかるけど、一緒に歩くとかなり目立つので正直微妙な気分だった。ホテルに入ってからはすぐにシャワーを浴びて、バスルーム内でエッチが始まった。ボディソープを彼女のおっぱいにつけて泡立ちをよくしてから、俺の体を丁寧に洗ってもらった。おっぱいをスポンジ代わりにして洗ってもらうとすごく気持ちがいいし、何といっても乳首の弾力がヤバい。俺はバスルームで射精して、残りの時間をベッドの中でラブラブ過ごした。しばらくデリヘルにはまりそうだ。